師走に入り季節も議会も駆け足!

0

     先日区役所周りの様子をお知らせしました。その時は、紅葉した枝に混じってまだ緑の葉もまじっていました。今日地下食堂から観ると完全に紅葉。あっという間でした。

     議会も本会議が終わって今日の福祉区民生活委員会で第七期高齢者プランの集中審議にのぞみました。公的支援の後退はないか、地域包括支援センターの圏域や体制はこれで良いのか、住み続けるための住宅や介護施設は…などなど質疑しました。一番の関心事、介護保険料はまだ提示されていません。

     来週月曜日は、次期障害者プランについての審議です。連日ボリュームもあり切実な重い課題での審議です。気を抜くことはできない課題です。しっかりと準備してのぞみます。

     内容は、今後お知らせします。



    2017年11月28日のつぶやき

    0
      17:03
      区議会第一日目…区役所周りの晩秋の様子 https://t.co/VChfTudGn3 #jugem_blog

      区議会第一日目…区役所周りの晩秋の様子

      0

        区議会11月会議の初日でした。

        各会派の代表質問が行われ、共産党区議団は、斎藤邦子区議が区の姿勢をただしました。

         

        以下質問要項です。

        1・核兵器廃絶と多文化共生の取り組みについて
        (刃妥垰埓觚澄∧刃村鹹慌餤鳥臆辰旅喟邏茲箸靴謄劵丱シャ国際署名の広報を行うこと。
        ∧刃臓β進顕酋生のまちづくりをすすめるために情報の多言語化や内容の充実をすすめること。
        9喟邏茲隆儻宿泊者の実態把握と緊急時の正確な情報提供の体制をつくること。

        2・大企業、富裕層への優遇税制を抜本的に改め消費税増税は中止することを求めること。

        3・子育て世代の実態に即した保育の実施について
        〆8紊諒欅蕷狒設の必要性と新年度の待機児解消のための対策を問う。
        関係者の合意形成をすすめ、0才児の保育時間を見直すこと。
        収入に対する人件費比率を引き上げ、保育士配置や給与の引き上げなど処遇改善をすすめるよう指導すること。
        け親芦颪両貊螻諒櫃猟汗阿篭茲寮嫻い嚢圓Δ海函
        ゲ板軼保育の連携園は基本的に公立で行うこと。また民間園の場合は区として連携施設受諾加算を新設すること。
        ηЬ敲欅蕷爐了楡濂修や保育ママの補助者雇用の補助を行うこと。

        4・第7期高齢者プランについて
        \府の方針どおりすすめるのか、それとも憲法25条の精神に基づいて公的責任を拡充するのか。基本姿勢を問う。
        必要なサービスの実施が担保できるように要介護認定調査を見直すこと。
        施設も在宅も供給計画を抜本的に引き上げるとともに国の予算の見直しも求め保険料の値上げは行わないこと。
        ど郎ぁ⊆匆馘孤立など高齢者の生活支援を老人福祉法に基づいて総合的にすすめること。

        5・東京女子医大東医療センターの移転問題について現在の区の認識と今後の対応について問う。

         

        (答弁など内容は、順次お知らせします。)

         

        ところで区役所周りもすっかり晩秋の景色ですね

         


        2017年11月25日のつぶやき

        0
          22:19
          地域から『安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名』を…町屋駅頭で緊急行動 https://t.co/ZfR1lD08Re #jugem_blog

          地域から『安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名』を…町屋駅頭で緊急行動

          0

             本日(25日)、私の地域で『安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名』を進めるため緊急町屋駅頭での宣伝署名行動を提起しました。昨日の呼びかけという急な提起でしたが7名が参加。署名は25筆でした。これからの地道な街頭での宣伝、署名行動、個々訪問や対話を通じての署名のお願いなど創意工夫を凝らした取り組みを強化したいと思います。

             署名の中では、3人の子どもを連れたお母さんが署名された際の会話が印象的でした。見ていた子どもが「何してるの」とお母さんに問いかけ、「戦争させないためにやってるのよ」との答えとうなずく子ども…。その通りです。月並みですが、子どもたちにどうしても日本国憲法を無傷で引き渡していきたいと、改めて強く感じました。さあがんばりましょう


            2017年11月22日のつぶやき

            0
              16:52
              私の事務所前の藪椿など2本が伐採されるようです https://t.co/TepW1Q9Qgt #jugem_blog
              16:49
              荒川区が第7期高齢者プラン素案を提示… 誰もが安心して住み続けことができるか? https://t.co/FkkVgIfVVy #jugem_blog

              私の事務所前の藪椿など2本が伐採されるようです

              0

                … 少し寂しい気がしますが交通の支障では仕方ないかな?

                 私の事務所の前(電化通り沿い)の歩道そばに誰が植えたのかもわからない(勝手に生えている)藪椿ともう一本(樹木名は不明)があります。しっかりと茂っており季節には椿の花がたくさん咲きます。もう一つの樹木は、冬の時期の枯葉が大変。掃いても掃いても終わりのない毎日で閉口してきました。しかしいざ伐採となると何とも寂しい気がします。区が植栽したものでないこと、交通に支障があるといわれては、安全第一で対応するしかありません。それでなくても緑の少ない荒川区です。最近では、道路工事などで街路樹を切り倒すことが度々話題になってきました。街路樹がきちんと整備された道路は、とても気持ちの良いものです。夏などもホッとする空間です。今後区の道路公園行政の中でしっかりと位置付けてほしいものです。


                荒川区が第7期高齢者プラン素案を提示… 誰もが安心して住み続けことができるか?

                0

                   「老後は住み慣れた地域で暮らしたい」はみんなの願いです

                   2018年度〜20年度の3年間の介護保険サービスや高齢者福祉の内容や目標、介護保険料を定める第7期高齢者プランの素案が区議会に示されました。
                   区が行った実態調査の中で希望する生活形態として約半数近くが介護サービスを受けて自宅で暮らすをあげています(下表参照)。施設などあげている方もいますが、やはり自宅や近くの介護付き高齢者住宅が希望です。しかし今回の素案では、住宅や施設の具体的な目標は提示されていません。政府は、要支援だけでなく要介護1、2の方からも生活支援サービスを介護保険から外す方向を打ち出しました。これでは住み慣れた場所での生活ができません。
                   また要介護認定率は上がっていますが、平均要介護度は下がっています。これをどう読み解くのか?要介護認定が実態に合っているのか、必要なサービスが提供されているのか…やはりキチンと検証したうえでのプランを求めたいと思います。
                   なお、介護保険料の提案は、来年一月になりそうです。
                   みなさんのご意見をお寄せください。

                   

                   

                  ※素案に掲載の資料から


                  2017年11月16日のつぶやき

                  0
                    17:01
                    日本共産党荒川区議団が2018年度予算要望416項目を提出 https://t.co/RATApNgKQi #jugem_blog

                    日本共産党荒川区議団が2018年度予算要望416項目を提出

                    0

                       11月9日、日本共産党区議団は、各種団体との懇談、日常的な区民相談で寄せられ区民の声など416項目の来年度予算要望を西川区長に提出しました。(北川副区長が応対)
                       いま安倍政権の経済政策=「アベノミクス」と社会保障削減路線のもとで格差と貧困の拡大が大きな問題となっています。「景気は回復基調」との政府発表の実感は、区民生活や地域経済にありません。一方大企業は、史上最高の収益で400兆円超えの内部留保。実質賃金は減少、消費も冷えこんだままです。
                      総選挙後、安倍内閣は、75歳以上の医療費自己負担2割、要介護1、2の生活援助外し、児童手当の見直し、削減など社会保障の大幅削減を打ち出してきました。
                      予算要望では、区が区民のくらしの防波堤としての役割を発揮し介護、子育ての負担軽減など抜本的な対策を求めました。区財政は、90億円のゆいの森、毎年6億円のタブレットPC配備など行っても毎年基金を積み上げています。くらし応援に投入する財源は、十分あります。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
                        スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
                      • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
                        川田 潤
                      • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
                        ふか
                      • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
                        ちびママ
                      • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
                        JAAL
                      • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
                        1歳娘のママ
                      • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
                        あかさ
                      • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
                        あかさ
                      • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
                        環境大学新聞
                      • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
                        haha96815

                      links

                      profile

                      書いた記事数:923 最後に更新した日:2018/02/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM