衆院解散の朝、あとう和之さん(共産党東京14区予定候補)と宣伝に…財界、アメリカ言いなりでない日本に

0
      11月16日解散総選挙の朝、あとう和之さん(共産党東京14区予定候補)と久しぶりに宣伝を行いました。


     午前中は、区議会総務企画委員会に出席して質疑。
     特に荒川区の商業振興策について、商業者の立場と合わせて買い物難民を生まない振興策の検討を求めました。生鮮三品の店が半径500メートル以内にない地域の分析と対策を強く求めました。
     午後は、11月29日からはじまる荒川区議会第四回定例会にむけた質問を準備する議員団会議。質問締め切りの21日に向けてこれも急ピッチの準備です。
     夕方は、解散総選挙を受けて新宿西口で日本共産党志位委員長が行う街頭演説に出かけました。
     財界、アメリカいいなりでもない、真に国民が主人公の日本の改革を進める選挙にしようとの訴え。その中で総選挙後の国会で「消費税増税」を中止する法案を提出するとして、そのためにも「議席の倍加を」の呼びかけにあらためて総選挙に臨む決意が問われました。
     消費税に頼らない別の道がある…富裕層と大企業応分の負担など、即時原発ゼロ、安保をなくし対等平等の日米関係など日本改革のビジョンを争点にこの総選挙をたたかい何としても躍進をの思いを強くしました。
     そんな折、夜のニュースでは、橋下維新の会と石原「太陽の党」の選挙連合との報道。橋下維新の会が「2030年代に原発ゼロ」といい、石原・「太陽の党」は原発推進。TPPでも真反対の主張。これで一緒になる「理屈」を何というのか。マスコミが作りあげた「第三極」の報道ですが、第三極というより「選挙向け野合」の「離合集散」といったところでしょう。
     民主党からの次々と泥船から逃れるように選挙向けの離党騒ぎ。中には本家の自民党に「帰る」人もいるようです。
     今回の選挙は、まさに真の日本改革の道を選択する機会にしなくてはなりません。
     大いに国民的議論が沸騰し、争点を鮮明にするために大奮闘しなければ…

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
      スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
    • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
      川田 潤
    • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
      ふか
    • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
      ちびママ
    • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
      JAAL
    • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
      1歳娘のママ
    • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      環境大学新聞
    • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
      haha96815

    links

    profile

    書いた記事数:917 最後に更新した日:2018/01/06

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM