戦後憲法と同じ時間を歩んできた、荒川区立一中、三中、四中、五中、七中…が70周年

0

     ちょっと投稿が遅れました。これまた総選挙後の28日に、荒川区立1中、三中、四中、五中、七中の創立70周年記念式典、祝賀会が行われました。
    サンパール荒川で行われた五校合同の記念式典で、印象に残ったのは、五校を代表した校長のあいさつでした。それは、旧教育基本法(教育の憲法といわれた)の「われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。」から始まりました。まさしく日本国憲法に続いて施行された教育基本法こそ、戦前の国家主義・軍国主義教育の反省から、国民主権のもと教育も個人の尊重、人格の完成をめざすものとしてスタートしました。この挨拶もそうですが、その理想の実現を紆余曲折もありましたが、戦後教育の原点ともなった部分だと改めて痛感しました。教育基本法は、改悪されましたが、その精神は脈々と生きているのです。もう一つ午後から参加した五中の祝賀会で、退職校長がこれもあいさつで、「主権者教育が大事」と強調されたことも印象的でした。国民主権は、日本国憲法の大事な理念です。個人として尊重され主人公である主権者として自覚を持って成長していくことにこそ教育の大事な目的があると感じました。
     ところで、荒川区にはこの五校の間に、二中と六中がありました。しかし統廃合もあって南千住第二中と原中にそれぞれ名前が変わって70周年にはカウントされていません。祝賀会であった原中の校長とそのことを話しました。学校自由選択制になって地域と学校の関係が昔とは違っています。地域コミュニティと中心としての学校のあり方も問われています。日本国憲法と旧教育基本法とともに出発した実質七校のこれからを見守っていきたいと思いました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
      スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
    • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
      川田 潤
    • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
      ふか
    • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
      ちびママ
    • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
      JAAL
    • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
      1歳娘のママ
    • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      環境大学新聞
    • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
      haha96815

    links

    profile

    書いた記事数:923 最後に更新した日:2018/02/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM