荒川区のタブレットパソコン1万台導入から2年、全校導入の「実践報告」を見ると…?

0
    教育効果は今後客観的な検証が必要…
    一人一台体制含めパソコン教育の見直しを


     区議会文教・子育て支援委員会で「タブレットパソコン全校導入事業における実践報告」について報告と質疑が行われました。年間約6億円の予算を使って導入した約1万台のタブレットパソコン。現在は、小学1〜2年4学級に1セット(35台)、小学3〜6年2学級に1セット(40台)、中学校は、1学級に1セット(40台)配備されています。
    この報告書によると、活用状況は、小学校の授業時数の約20%程度、学年別では一年生で15%程度・5日間で3回程度、6年生では25%・おおむね一日1時間としています。
    中学では、活用率・全教科平均15%程度、主要教科で授業5〜6時限に1回タブレットパソコンを使ったことになります。しかし、1時限中ずっと使い続けているわけではありません。小中とも使用する場面で最も多いのは、「調べもの」のようです。インターネットによらない、辞書や書籍など使った調べも必要と思います。
    当初からあくまで、必要に応じて使うツール=道具であり、タブレットパソコンの使用を前提にした授業にならないようにすべきといわれてきました。またハード、ソフトのトラブルなども想定され、タブレットに代わる教材も用意することが求められ、教師の負担も軽くはありません。
     一昨年9月から5年リース32億円の予算を投じ導、リース改定まで後3年です。多額の予算を投入しており、パソコン教育のあり方について再検討が求められます。また、毎年6億円近い予算があれば、区独自の30人学級や給付制奨学金なども十分可能です。何が教育にとって必要か、真剣に考える時です。


     荒川区議会・文教・子育て支援委員会での質疑…
    ○授業の各教科のアプリが少ない。○ソフトの更新、バージョンアップができない。○機械的な故障や適切に動かないケースもある。○教員のPCもタブレットになり容量が足りず、作業が長時間化。○検証は、様々な考えの方の意見も入れて客観的になどなど…出されました。

    タブレット

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
      スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
    • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
      川田 潤
    • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
      ふか
    • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
      ちびママ
    • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
      JAAL
    • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
      1歳娘のママ
    • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      環境大学新聞
    • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
      haha96815

    links

    profile

    書いた記事数:895 最後に更新した日:2017/11/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM