今年も比べてみました…学校選択制度の影響

0

     町屋地域は通学区域内に通う子どもが少ない!?

     毎年、区立小中学校の学校選択制で学校の姿がどう変わったかお知らせしてきました。今年は、小中学校とも地元の学校に通う比率は、上がっています。町屋地域は、区全体と比べて6〜7ポイント低くなっています。各学校とも熱心に指導されているのですが、原因の分析も必要です。
     いま学校選択制を検証し見直す時期に来ていると思います。地域コミュニティ、災害時の役割、地域で育てる学校としてのあり方と、少人数学級にする流れの妨げにならないかという問題です。少人数学級に移行するためには、学校施設の計画的な整備が必要です。学校選択制によって、特別教室をつぶして普通教室に転用する無理を重ねた学校も少なくありません。少人数学級実現を柱にした教育環境整備からも学校選択制の見直しの検討が必要では…。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
      スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
    • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
      川田 潤
    • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
      ふか
    • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
      ちびママ
    • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
      JAAL
    • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
      1歳娘のママ
    • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      環境大学新聞
    • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
      haha96815

    links

    profile

    書いた記事数:1065 最後に更新した日:2019/07/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM