この間の要支援・要介護の推移から…介護認定の軽度化がすすんでいるのでは

0
      介護保険改定で要支援を1・2にわけ、「新予防給付」を創設したのが2006年。この年から昨年度までの荒川区の要介護認定の推移(各年度3月31日)を見ると、要支援1の人数が倍近くに増え、比率も1・6倍になっている。軽度と言われる要支援1、2と要介護1だけで2012年は45%を超えています。要介護3、4、5は認定者数はそれ程増えず、比率は減少しています。
    また、2011年と2012年の介護度別の人数を見ると要支援1、2、要介護1が特に増加。一番軽い要支援1の増え方が大変大きい。
     これをどう見るのか。2009年に要介護認定判定項目を「軽度」に誘導するような基準が導入されたことも影響しているかもしれません。
     また、荒川区は2011年後半から「要介護認定率を下げる」という目標を持ちました。実際に状況が改善され比較的、元気な方が増え、本当にサービスがが少なくても大丈夫ならば良いのですが。しかし介護給付の削減のために判定が低く抑えられた結果だとしたら、必要なサービスが削られることにつながります。
     介護関係者にお聞きすると、介護度が軽くなり「通所サービスが週2回から1回になった」「通所リハビリに行けなくなった」「ヘルパー訪問が減らされた」と言う声が聞かれます。



     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
      スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
    • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
      川田 潤
    • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
      ふか
    • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
      ちびママ
    • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
      JAAL
    • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
      1歳娘のママ
    • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      あかさ
    • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
      環境大学新聞
    • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
      haha96815

    links

    profile

    書いた記事数:917 最後に更新した日:2018/01/06

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM