荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?

0
     2010年荒川区が「子どもの貧困、社会的排除問題」研究を行いましたが、その後どう生かされてきたのでしょうか。
    日本の子どもの貧困率は、2009年15.7%、6人に1人、現在も増加しています。
    荒川区の現状はどうでしょうか。区の就学援助(生活保護基準の1.2倍)受給者は、小学3割、中学4割あたりで推移。その内、生活保護世帯の児童生徒数は、増加しています。また児童虐待受理件数も近年増加し続けています。大変きびしい状況といえます。
     せっかく研究を始めたわけで、区内の子どもの現状に継続的に把握し、貧困の連鎖を断ち切るための緊急的対応と中長期の方策を持つべきです。
     区は、区長を本部長に、子どもの貧困対策本部を立ち上げたました。しかし実際の子どもの貧困対策で新規、充実した対策は、ごくわずかでした。そこに今回「子どもの貧困対策」の最大の目玉として出てきたのが年間8億円のタブレット導入です。教育でいうなら、少人数学級、義務教育の公費負担拡大、進学への支援強化など多面的な検討が必要だと思うのですが。
     みなさんのご意見をお寄せください。

    ☆2010年以降の区の「子ども貧困対策」
     タブレットパソコン導入が最大の施策ですが、本当に最優先なのでしょうか?
    子供予算

    ☆荒川区の子どものいくつかの指標
    就学援助
    虐待相談
     

    教育費への公的支出OECD30カ国中・日本は4年連続最下位…区政でも大きな課題

    0
        経済協力開発機構(OECD)は、加盟国の教育施策に関する2010年の調査結果を発表。日本の国内総生産(GDP)比でみた教育機関への公的支出割合は前年と同じ3.6%にとどまり、比較可能な30カ国で最下位。日本の最下位は4年連続です。公的支出が高いのは、デンマーク7.6%、OECDの平均は、5.4%となっています。
       日本の場合、高い学費、奨学金制度の不備、少人数学級の遅れなど多くの課題が残されています。また、義務教育でも授業料と教科書は、無償ですが、教材教具をはじめ大半が家庭の負担です。
       こうした中、35人学級の今年度の拡大を見送った安倍政権の責任も重大です。
       また奨学金は、事実上の教育ローンと同じで卒業と同時に多額の借金を抱えることになります。
       経済的理由で高等教育が受けられない状況を解消しなければなりません。
       給付型の奨学金創設、少人数学級推進など積極的な取り組みが必要です。

      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 荒川区議会議員選挙に関する詳報です…大幅得票増で6人全員当選
        スーパーコピー財布,ブランド財 布コピー
      • 都が木密地域不燃化10年プロジェクトの特定整備路線候補に90号線(都電沿い)が
        川田 潤
      • 荒川区の「子どもの貧困」研究から3年、区の支援策の具体化は…?
        ふか
      • 荒川区が来年度から全児童・生徒にタブレットPCを配布!?
        ちびママ
      • 次々に明らかになる荒川区の学校、保育園、幼稚園のホットスポットが意味するもの…
        JAAL
      • 2012年度…コミュニティバス 町屋地域ルートに導入へ
        1歳娘のママ
      • 放射線測定の最高線量は、汐入小学校北側で地表面6.46マイクロシーベルト/毎時(24日現在)
        あかさ
      • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
        あかさ
      • 京成町屋駅から都電沿いの都道に昔のように自転車が!日曜の夜でしたが緊急車両の通行などほんとうに心配です
        環境大学新聞
      • 10月24日共産党荒川区議団が放射線測定実施の緊急申し入れ…翌々日26日荒川区が測定実施を発表
        haha96815

      links

      profile

      書いた記事数:856 最後に更新した日:2017/09/20

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM